クラッチのミニ四駆メイン?blog

30代、2児の父親がミニ四駆で遊ぶブログです。

2018年06月

昨日、ミニ四ニュースでジャパンカップの歴史を振り返った方も多いと思いますが、その歴史にまた大きな転換点が来ましたね。

オープンクラスが有料化(500円)するようです。

ジュニアクラス、ファミリークラスは引き続き無料で参加できるようなので、オープンクラスへ参加しているユーザーからすると、大きな問題にはならないかなと思います。

また、特製ボディがもらえるそうなので、それも考えればほぼ無料と変わらないでしょうか。

ただ、この特製ボディが何かにもよるでしょうね。

全員に同じものがいきわたるのか?もしくはホビーショーの様にランダムなのかでも、不公平感が出るでしょうし、メッキボディなんかはいらない!ポリカボディにしろ!というような意見も見受けられるので、賛否分かれそうですね。

当然、良い物(レア物、限定品)にしすぎると参加できる人、できない人(開催場所の問題)での不公平感も出てくるので、難しいところですね。全都道府県で開催できれば不公平感も減りますが・・・、さすがに現実的ではないですね。

一番問題になりそうなのは、受付時に徴収のようなので、受付の混雑の悪化でしょうか(参加したことがないので、込み具合がわかりませんが(笑))

私自身は特にこの変更をネガティブにはとらえていないので、ふ~ん、という感じですね。

とにもかくにも愛知県で開催してください!静岡市までは遠い!掛川市もちょっと遠い!浜松市ならちょっと気合い入れて参加します!(笑)

ジュニアニュースの後継となる、ミニ四ニュースの第一弾が公開されました。

ジャパンカップヒストリー -30 YEARS OF THE JAPAN CUP-という事で、ジャパンカップ30年の歴史を紹介しています。

歴史を振り返っていくと、毎年毎年、奇想天外なセクションが登場しているので、コースを考えているスタッフも大変だろうなと感じます(笑)

会場も1999年までは全国の百貨店での開催だったのが、復活以降は全国のいろいろな施設での開催になっているのも時代を感じますね。

愛知県大会は愛・地球博記念公園で開催されていたのが、なくなってしまっているので復活してほしいですね。

会場内のマナーの問題か、交通の問題なのか開催されない事情はわかりませんが、復活を期待したいです。

当時と比べるとイケアができたり、周りの交通事情も変わっていると思うので、違う会場の方がいいかな?

絶賛完売中のMSカラーシャーシセット(ライトブルー・オレンジ)が再入荷し始めているようです。

もともと5月にも再入荷というような情報もありましたが、すこし遅くなっていたようですね。

ツィッターからの情報で、私自身はまだ店頭やネット通販で確認はできていないのですが、近日中にも見かけるようになりそうですね。

シルバー・ピンク、パープル・グリーンは店頭でも大量に余っている印象ですし、ネット通販でも在庫がそろっている状況ですので、ライトブルー・オレンジも同じような状況になりそうな予感が・・・。

ミニ四駆第三次ブームの終焉への序章が、始まってしまっているのでしょうか・・・。




海外からの情報として紹介していました、ナイトレージJr.クリアーブルースペシャルの画像がツィッターで掲載されていました。

もともとは悪そうな雰囲気があったのですが(個人的な意見です(笑))、ちょっとコミカルな印象に変わっていますね。

クリアーブルーという事で、ボディはクリアーブルーで、MAシャーシもブルー(濃いめ)、Aパーツはホワイトで、ホイールは蛍光イエローのデクロス6本スポーク、タイヤは大径スーパーハードの様です。

ステッカーが稲妻模様から星の模様に変わっているのが、雰囲気が大きく変わった要因でしょうか。

青のMAシャーシと蛍光イエローの6本スポークホイールがパーツとしては人気が出る気がしますね。

海外の情報ですので、まだ国内での登場は分かりませんが、そろそろ8月の新製品の発表もあると思うので登場を期待したいですね。

ダッシュ1号 皇帝(エンペラー) メモリアル(MSシャーシ) -ジャパンカップ開催30年記念-95110を購入しました!
IMG_2889
通販で購入したのですが、お昼過ぎにちらっとお店をのぞいたら2セットほど残っているだけという状況でした(もともとの入荷数がわかりませんが・・・)

大手のネット通販では品切れですが、楽天市場などでは購入できるようなので、割と潤沢に供給されているのかなという印象です。

発表から発売まで期間もありましたからね、当然といえば当然ですが・・・。
IMG_2891
今回のキットの目玉はなんといってもパッケージでしょうか!格好いいですね!

白地に赤帯という点で、以前発売されたメモリアルボックス(5台セットの商品)に通ずる部分があるので、そういった記念アイテムに今後も採用されていくんでしょうね。

アビリスタ ジャパンカップ2018も同様の構図のパッケージなので、今後は縦のパッケージが増えそうですね。
IMG_2894
シルバーメッキボディも目玉ですが、汎用性ではこちらのホワイトレターのスーパーハード大径ローハイトタイヤに軍配が上がりますね。

7月は単価の高いアイテム(カーボン、ベアリングローラー)ばかりなので、出費が心配です。

月末も近づいていますので、そろそろ8月の新製品の発表もありそうですね。


↑このページのトップヘ