ツィッターやフタバ図書のサイトでカープミニ四駆 2019年Verの発売が告知されました!

発売は2月1日の様です。

まさかのカープミニ四駆が2年連続で登場ですね!

サンダーショットMk.ⅡがベースでMSシャーシもフロント、リアがレッド、センターシャーシがブラックという組み合わせで、全体が格好いいです。

しかし!どうにも気に入らない販売方法ですね・・・(笑)

今回は予約受付店舗が限定されています。

おそらく広島県近郊の店舗だけなのでしょう。(店舗名が告知されていますが、中国地方の細かい地名などがわからないので、はっきり分かりません)

ここまでは地元ユーザーに配慮という事で理解できます。

問題は、限定なのかどうなのかという事が具体的に示されていないため、若干不信感を覚えますね。

転売問題への対策の一つだと思いますが、それならば「いついつまでの注文分は全部生産します」というような告知をしてくれた方が安心ですね。

うがった見方かもしれませんが、限定をにおわせながら大量に販売しようという意図が感じられてしまいますね。

また、通販での価格のつけ方も1個1,650円、2個3,800円、3個5,450円と、ぱっと見わけがわからない価格になっています。

1個だと商品代だけ(つまり送料別)、これは分かりやすいですね。

問題は2個以上ですが、どれだけ買っても送料を負担させたいため、システム上3,000円以上は送料無料になってしまうので2個は商品3,300円+送料500円、3個は商品4,950円+送料500円を商品代金に設定しているのでしょう。

素直に無料でいいでしょ、と思います・・・(せめて3個買う人は無料にしてよ)。

はっきり覚えていませんが、前回は無料だったと思うので、ユーザーとしては悪い方向ですね。

もろもろの状況を見ると、かなりの数売れるだろうとタカをくくって強気に出ている感じで、不愉快です。

ただ、最初に書きましたが、格好いいので3個買いましたけどね(笑)